Ristorante Due | 本
神戸・三宮の山手にある割烹イタリアン イタリアンをベースにしながらも和食を思わせる繊細で優美な料理が、割烹スタイル でご堪能いただけます。 デートやパーティに最適な個室を完備。料理ができ上がる様子を眺めながら、 お食事が楽しめるカウンター席も人気です。 極上のディナータイムをご満喫ください。
神戸,北野,ristorante,due,リストランテ,デュエ,イタリアン,割烹,Olive Bar,オリーブバール,
16223
single,single-post,postid-16223,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

本

06 8月

皆様は本をどのくらい読まれますか?

私も頻繁にではないのですが、ちょいちょい読みます。

中でも浅田次郎さんという作家が好きでよく読みます。壬生義士伝など代表作は多数あります。

そんで今、この方の「一路」という本を読んでいるのですが面白いのでご紹介しようと。

舞台は江戸時代、参勤交代という制度を軸にお殿様の悩みや生き方、

そして主人公「一路」の奮闘、何かミスをすればその時点で切腹です。

読んでておもしろいのは、無闇にお殿様が誉めるとそれに対して家臣は褒美を与えたりしなければならないので、極力黙っとくとか。なるほどと思う反面、ホンマかいなというような事がたくさんあります。さすが江戸時代。常識が全く違います。

なんといってもこの時代のクビというのは文字通り、クビと胴が離れるわけですから

仕事に対しての緊張感は半端なかったのだろうなと想像してみたり。

とりあえず、上を読み終えたので下を読みたいと思います。