Ristorante Due | フランチャコルタ
神戸・三宮の山手にある割烹イタリアン イタリアンをベースにしながらも和食を思わせる繊細で優美な料理が、割烹スタイル でご堪能いただけます。 デートやパーティに最適な個室を完備。料理ができ上がる様子を眺めながら、 お食事が楽しめるカウンター席も人気です。 極上のディナータイムをご満喫ください。
神戸,北野,ristorante,due,リストランテ,デュエ,イタリアン,割烹,Olive Bar,オリーブバール,
16641
single,single-post,postid-16641,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

フランチャコルタ

08 9月 フランチャコルタ

皆さんは「フランチャコルタ」をご存知でしょうか。

フランチャコルタは知らないとしてもシャンパンは知ってるという人が多いのではないでしょうか?

シャンパンが何故シャンパンと呼ばれるかといいますと、これもご存知の方は多いと思いますが、フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワイン なのでシャンパンです。

ですのでシャンパーニュ地方以外で作られたスパークリングワインが例え製法がシャンパンと同じだとしてもシャンパン名乗れずクレマンと名前がつきます。何故ならシャンパーニュ地方で作られていないから。

 前振りの説明が 長くなってしまいましたが「フランチャコルタ」とはイタリアのスパークリングワイン の中においていわゆるフランスにおけるシャンパンのような位置付けです。

イタリア・ロンバルディア地方東部のロンバルディア地方で作られたスパークリングにのみ名称がつき、製法は当然シャンパーニュ方式で作られています。歴史は50,60年と比較的浅めではありますが品質はシャンパンと比べてもまったく遜色ありません。

種類も豊富でスタンダードなフランチャコルタの他にサテン、ロゼ、ミッレジマート、リゼルヴァといった種類もあります。使われるブドウはシャルドネ、ピノ・ネロ、ピノ・ビアンコです。

味の特徴としてはシャンパーニュ地方より南側にあることから豊かな果実味があげられます。

これからの季節にピッタリではないでしょうか。

とにもかくにもおいしいフランチャコルタ。一体何故、こんなにも長文で説明させて頂いたかと言いますのは、当店でフランチャコルタがメニューに加わるからです。

そうです。宣伝ですね。

9月下旬頃には加わっているかと思います。イタリア好き、泡好きの方はこうご期待してください。