Ristorante Due | Blog
神戸・三宮の山手にある割烹イタリアン イタリアンをベースにしながらも和食を思わせる繊細で優美な料理が、割烹スタイル でご堪能いただけます。 デートやパーティに最適な個室を完備。料理ができ上がる様子を眺めながら、 お食事が楽しめるカウンター席も人気です。 極上のディナータイムをご満喫ください。
神戸,北野,ristorante,due,リストランテ,デュエ,イタリアン,割烹,Olive Bar,オリーブバール,
599
blog,paged,paged-9,ajax_fade,page_not_loaded,,vertical_menu_enabled,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-6.3,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

Blog

1440384505182

25 8月 パスタ

最近、少しずつですが涼しくなってきましたね。 エアコンをつけっぱなしが多くて八月の電気代が怖ろしい今日このごろです。   写真は当店に新しくやってきたマシンです。 マシンといいましてもこれ自体は付属品みたいなもんで これをパスタマシンに取り付けると、あら不思議、ここを通ったパスタ生地は パスタ麺として出てくるわけです。 これは平麺が出てくるバージョンですね。 当店は目の前でパスタが伸ばされて麺になってと、それから茹でてお出ししてますので カウンターに座ってみて頂くのも、面白いかと思います。  ...

Read More
DSC_0032

18 8月 コレージビール

当店ではイタリアのビールも扱っております。 その名も「コレージ」 イタリアのビールというとモレッティやメッシーナなんかが思い当たりますが これらの日本でも主流なラガータイプのビールではなく ヨーロッパで多くみられるエールタイプのビールです。 エール?ラガー?とちんぷんかんぷんの人もいると思いますが 製法上の大きな違いは上面発酵か下面発酵か。 味の違いとしてはラガーは日本でもお馴染み、苦みが強い、ドライ。 エールはフルーティ、まろやかです。 そしてこの「コレージ ビオンダ」もエールビールですので 大変フルーティです。 しかも、ワイングラスで飲めとの指定付。香りも華やかです。 日本では苦い=ビールというイメージが強いので初めて飲まれた方は ビールを飲んでるという感覚はあまりないかもしれませんが 口当たりも軽やかですので気づけば飲み干している感じです。 また苦いビールが苦手という方はこのビールなら飲めるという方も多いです。 なんでもイタリアではセレブ御用達?のビールらしいので セレブの方、セレブ気分味わいたい方、どちらでもご注文をお待ちしております。  ...

Read More
IMG_20150802_182403

11 8月 初めて見ました

先々週に、某生産者さんの畑にお邪魔させていただきました。 お忙しい中マニアック且つ、タメになるお話を色々してくださいました。 物事を突き詰める人ってヤッパリ凄いなあと感じましたねぇ。 そして帰り際にサラッと「フィンガーライムの木あるけど、見て行きます?」と (o.o)  目が点になりました。そんなに普通に生えてるモノなの? 未熟ながら実も付いてました・・・・いやあ、極めた人は応用が利くんだな、やっぱり。  ...

Read More
本

06 8月

皆様は本をどのくらい読まれますか? 私も頻繁にではないのですが、ちょいちょい読みます。 中でも浅田次郎さんという作家が好きでよく読みます。壬生義士伝など代表作は多数あります。 そんで今、この方の「一路」という本を読んでいるのですが面白いのでご紹介しようと。 舞台は江戸時代、参勤交代という制度を軸にお殿様の悩みや生き方、 そして主人公「一路」の奮闘、何かミスをすればその時点で切腹です。 読んでておもしろいのは、無闇にお殿様が誉めるとそれに対して家臣は褒美を与えたりしなければならないので、極力黙っとくとか。なるほどと思う反面、ホンマかいなというような事がたくさんあります。さすが江戸時代。常識が全く違います。 なんといってもこの時代のクビというのは文字通り、クビと胴が離れるわけですから 仕事に対しての緊張感は半端なかったのだろうなと想像してみたり。 とりあえず、上を読み終えたので下を読みたいと思います。...

Read More
biancara_i_masieri

04 8月 マシエリ

新しいワインのお知らせです。 以前に紹介させていただきましたラ・ビアンカーラのサッサイア。 ワイン界のポカリスエットと呼ばれたり、呼ばれなかったりするワインですが 今回はそのラ・ビアンカーラのマシエリです。 ガルガーネガ、トレビアーノという構成はほぼ一緒でラ・ビアンカーラの入門ワインと言われています。 柑橘の香りにさらっとした飲み口、後半にくる柔らかな酸味が味を引き締めてくれます。 こちらも少数しか入荷していないのでメニューにはのせていませんが グラスの白などを頼まれ時にお出ししていますので 飲んでみたいかたはどうぞおっしゃて下さい。...

Read More